Cooと気ままに行こう!

wescoo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

その後のまる美ちゃん

かれこれ2ヶ月更新せずのブログ。
この間、あまりに色々なことがありすぎて書けずにいました。

仕事のこと、レスキューのこと、毎日追われていました。
この忙しさはママの人生の中で初めて味わうものでした(´д`)
一ヶ月、まともに夕飯を作っていません。
家族には申し訳ないなぁと思っています。

やっとここに来て、ほっと一息つけるようになりました。
もう元にもどさなくちゃ!そう思い焦っているところです。


さて、まる美ちゃんのことから書いてみます。

Life にゃんず」のサイトを見てくださりご支援を頂いたおかげで
予定通りMRIを受けることができました。

受けるまえの血液検査。
e0245080_2253772.jpg

ディアママさんお勧めの「アルマ動物病院」で受けました。
確かな腕をもっていると評判の長谷川先生。
下半身を刺激する注射をうってもらいました。
e0245080_2323522.jpg


そして当日。
動物専門のMRI検査をするところ「キャミック」です。
e0245080_2335420.jpg
e0245080_234247.jpg
e0245080_234229.jpg
e0245080_2344593.jpg


10時15分に預けて、迎えに行ったのが12時半。
その間、ファミレスで待ちながら、多くの福島わんこのレスキューのことで
里親希望さんたちと連絡をとったりして奔走していた私でした。


そして結果は・・・・
画像から明らかに解る脳の異常は見られないということでした。
水は溜まっているのだけれど、急激に命にかかわるような
「水頭症」や「小頭症」などではないとのこと。

それならば何?
生まれた時に酸欠ではなかったか訊かれましたが
そんなこと、わかるわけないのです(>_<)

結局、原因不明ということですっきりしないまま帰ってきたわけです。
たくさんの方の好意のお金を使わせて頂くとき、
有難いと思うと同時に、ずっしりと重いものも感じました。
これからどうすれば良いのか・・・

突然飛び跳ねたり、寝ている間に体を震わせたりする行為は
まる美ちゃんにとっては意図していないことで
辛いとは感じないのだと先生が話していました。
本当にそうなのかな?・・・・だとすれば、ほんの少しだけ救われた気がするけれど。


それからは動物の痴呆予防薬でもあるメイベット、濃度の濃いEPAサプリを摂り
幕張の「ビーンズ動物病院」で引き続き下半身を刺激する注射を受けることになりました。
e0245080_2563399.jpg


週に一度、4回接種。
ときには家にいた長男も一緒に来てくれました(*゚▽゚*)
私を探すCooと我関せずのまる美ちゃん。
e0245080_354258.jpg

それから幕張の街を散歩。
e0245080_372718.jpg
e0245080_375196.jpg

広場で下に下ろすと、まる美ちゃんは少しの間
ぴょ~んぴょ~んと跳ねて、喜んでいるように見えるのでした。


そうそうMRIのあと、初めてトリミングをしました。
すご~く可愛くなって、皆びっくりしたんですよ。
e0245080_394754.jpg
e0245080_310072.jpg
e0245080_310449.jpg


あれから脳神経外科の先生も関わってくださり
少しだけわかってきたことがあります。

それは、脊髄に異常があり、
脳からの「刺激による反応を抑える物資」が脊髄でストップしているのではないかということでした。
例えば人間の脚気の検査のとき、正常な人は足が反応しすぎないように
抑制できるそうなのですが
まる美ちゃんの場合は、それが働いていないのだそうです。
だから必要以上に足が反応してしまって跳ねるのではないかと言われたのです。
そのために脳も何らかの異常が起きているらしいのです。

なんとなく納得できる気もしますが真実はわかりません。
でも、はっきりしたことは、今すぐに命に影響するものではなく
だとすれば、この状態をまる美ちゃんの個性として
受け入れていく必要があるということです。


もうこのままで良いね。
治らなくても良いね。まる美ちゃんが苦しくないのならそれで良いや。
このままで十分だね。

まる美ちゃんはきょうも元気にしています。

にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします
by wescoo | 2012-11-08 03:25 | 預かりWAN

ウエスティのCooと過ごす毎日を綴ります(2011.11姉の茶々、2012.8に妹のまるみんが加わりました。)


by wescoo