Cooと気ままに行こう!

wescoo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

まる美ちゃんのこと

里親のご希望が結構あり、幸せなまる美ちゃんのはずでした。
同じときに引き取ったよき菜ちゃんは、早くも新しいおうちに行きました。

まる美ちゃんは引き取った当初、
内耳のひどい汚れの為に歩行が困難になっていると診断されていました。

それから一ヶ月、ザイマックスという耳の中に入れ
酵素で汚れを浮かせるという薬を欠かさずやってきました。
しばらくして、耳の中も綺麗になったと先生から言われたまる美ちゃん
・・・・ですが、
まる美ちゃんは今も歩き方が正常にはなっていないのです。

昨日、まる美ちゃんの映像を撮り、
世田谷の動物病院まで診てもらいに行ってきました。

これが昨日のまる美ちゃんです。

足がふらつくだけでなく、突然ピョ~ンと跳ねてみたり
バタッと倒れてしばらく起き上がれないこともあります。

寝ながら体を痙攣させたり、寝ているのに吠えてみたりもします。

それまでの先生に頂いていた免疫抑制剤では
症状がよくなる事はありませんでした。

今回 連れて行ったのは「Life にゃんず」のディアママさんが勧めてくれた病院、
アルマ動物病院」です。

いつの頃からか、脳からの障害を考え始めていた私です。
「この先生は歩けなかったわんこも注射数回で歩けるようにしたのよ。」
ディアママさんの言葉に希望を持ちました。

しっかりとした診断を受けて、治るものであるならば治療し、
里親さんに渡すことは諦めないでいようと思っていました。


先生、じっくりと診てくれました。
見せた動画では「跳ねる」ことに驚いていました。
「脊椎の6番目が痛そうだけど、そうだとこんなに跳ねることはできないと思うんだよね。」

レントゲンも撮りました。
e0245080_20205596.jpg

背骨の異常はないようです。
ただ異常に前かがみになって歩いているようです。

目には目立った損傷はなく、綺麗なのだそうです。・・・でも反応が鈍い。

どうして?・・・やはり直感が当たっている気がしました。
脳の障害で歩行や視覚や行動に支障が出ている。
「てんかん」は発作のときだけ、異常な動きになりますが
まる美ちゃんはいつも動きがおかしいのです。

先生はMRIを撮ることを勧めました。
ネットで得た情報から、私も同じように思っていました。
「壊死性脳炎」や「小頭症」かもしれない。
・・・だとすると、やはりMRIでないと、脳の様子がわからない。

ディアママさんもそのように考えると言ってくれました。

今のまる美ちゃんには表情がありません。
何を思っているか、目を見ても判断できないのです。

それでも、茶々がおやつを横取りしてしまったとき、
お気に入りの場所にCooが座ってしまってどいて欲しい時、
かわいい吠え方で不満を訴えるのです。

栃木のブリーダーさんは申し訳ないからと
戻してくれて良いと言ってくれているようです。
でも・・・お母さんと入っていた狭いケージに
誰が戻せるでしょうか。。。


MRIは「Life にゃんず」で募金を募り、集まったら受ける予定です。
CTと違ってかなりの金額が掛かるそうです。
それでもなんとか受けさせて、病名をはっきりさせ
治療ができるならばしてあげたいと思います。


まる美ちゃんへの応援、少しでも症状が改善されるように
祈ってやってください。


ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
by wescoo | 2012-09-04 21:29 | 預かりWAN

ウエスティのCooと過ごす毎日を綴ります(2011.11姉の茶々、2012.8に妹のまるみんが加わりました。)


by wescoo